FreeBSD システム及びportsの更新の件

Posted on Posted in 開発Tips

FreeBSD7.0をインストールしたのでシステム及びportsを更新
しておこうと思います。それぇーーっ

設定ファイルの編集
#cp /usr/share/examples/cvsup/standard-supfile /usr <<システムのアップデート用
#cp /usr/share/examples/cvsup/ports-supfile /usr <

コピーした両ファイルの以下の箇所を編集
*default host=CHANGE_THIS.FreeBSD.org <<どこから最新のソースを取ってくるか指定

*default host=cvsup2.jp.FreeBSD.org <

日本にはcvsup.jp.FreeBSD.org及びcvsup2.jp.FreeBSD.orgからcvsup6.jp.FreeBSD.orgまで
サーバがあるらしく、空いてそうなところを上記にしていすればいいです。

#cvsup /usr/standard-supfile <<システムのソースを更新
#cvsup /usr/ports-supfile <

両方ともものすごい時間がかかりました。。。

#cd /usr/src
#mergemaster -p
#make buildworld <<システムコンパイル
#make buildkernel KERNCONF=GENERIC <<カーネルコンパイル
#make installkernel KERNCONF=GENERIC <<カーネルインストール
#make installworld <<システムをインストール
#mergemaster << /etc設定ファイルを更新
#shutdown -r now <<再起動します

KERNCONF=GENERICの箇所はカーネルの設定ファイルをどれを使うかと
いうことです。もし自分でチューニングしたカーネル設定ファイルが
ある場合(/usr/src/sys/i386/conf/MyKernelConfigとする)
KERNCONF=MyKernelConfigとするといいみたい。

今回はチューニングをしていない標準の設定を使う場合は
KERNCONF=GENERICを指定していますが、標準の場合は
コレを省略も可能です。

Linux,Apache,PHP,MySQLでWebシステム開発はシステムインテグレートにご相談下さい。
http://www.system-integrate.com

iPhone開発,iPad開発はシステムインテグレートにご相談下さい。
http://www.system-integrate.com

Webで簡単請求書、見積書、納品書、領収書作成!
2010年10月末オープン、月額たったの980円!!「エンボイス」