Visual Studio 2005 自動デバッグ無効方法

Posted on Posted in 開発Tips

Visual Studio 2005 自動デバッグ無効方法
VisualStudio2005をインストすると、
ブラウザなどでエラーが発生したときに
メッセージボックスで
「Windowsの〜〜〜ハンドル〜〜〜〜例外が発生しました。」
のようなメッセージを表示し、
エラーが発生したソフトを強制終了させてしまう機能を無効にする方法です。

1.[メニュー]→[ツール] – [オプション] を選択します。

2.ツリーメニューより [デバッグ] – [Just-In-Time] を選択します。

3.すべてのデバッグの設定を解除します。

以上で、完了です。