Dreamweaverで任意の拡張子をPHPとして編集できるようにする

Posted on Posted in 開発Tips

1.Extensions.txt ファイルにファイルタイプを追加する。

・Windows NT:
  C:\WinNT\profiles\username\Application Data\Adobe
   \Dreamweaver 9\Configuration

・Windows 2000 と Windows XP:
  C:\Documents and Settings\username\Application Data
   \Adobe\Dreamweaver 9\Configuration
  (Windows XP ではこのフォルダは隠しフォルダになっていることがあります。)

・その他のオペレーティングシステム:
  Dreamweaver CS3 がインストールされているフォルダ下にある
  Configuration フォルダ内にあります。

ここで、PHPとして登録します。

2.もうひとつの設定ファイルも変更を追記する。
 C:\Program Files\Adobe\Adobe Dreamweaver CS3\configuration\DocumentTypes
  \MMDocumentTypes.xml

<documenttype id=”PHP_MySQL” servermodel=”PHP MySQL”
internaltype=”Dynamic” winfileextension=”php,php3,php4,php5″・・・・

   ↓

<documenttype id=”PHP_MySQL” servermodel=”PHP MySQL”
internaltype=”Dynamic” winfileextension=”php,php3,php4,php5,ctp“・・・・

3.Dreamweaver の設定
 ファイルタイプ/エディタで 拡張子 ctp を追加し、
 エディタにDreamweaverを指定。

以上、完了したら、Dreamweaverを再起動させます。
これで任意の拡張子のファイルがPHPとして認識されます。