CakePHPをWindows環境で設定する。

Posted on Posted in 開発Tips

CakePHPをWindows環境で設定する。

OS:Windows XP
PHP:5.2.14
DB:MS SQL Server 2005
DB接続コネクタ:php_mssql.dll
(ntwdblib.dllをSystem32フォルダにコピーしておいて下さい)

htdocsはドキュメントルートとします。

htdocs\cakephp\app\config配下にある設定を変更します。
core.phpの編集
以下の場所を見つけて変更して下さい。
Configure::write(‘Security.salt’, ‘ここを変更’);

Configure::write(‘Security.cipherSeed’, ‘ここの数値を変更’);

cakephp\app\tmpフォルダのアクセス権限を書き込み可能にしておきましょう。
Your tmp directory is writable.が表示されている場合は書き込みができない時です。

*Windows XPでフォルダ設定を変更する場合右クリックでプロパティから
セキュリティタグを選択して該当するユーザに書き込み権限を与えます。
*セキュリティタグが表示されていない場合はエクスプローラ>ツール
のフォルダオプションにある表示タブにある「簡易ファイルの共有を使用する(推奨)」
チェックを外すと表示されます。

database.php.defaultファイルをコピーして
database.php名に変更して下さい。

今回はデータベースがMS SQLServerを使用しますので以下のようになります。

SQL Serverへの接続はphp_mssql.dllをインストールしてあるものとします。

class DATABASE_CONFIG {

var $default = array(
‘driver’ => ‘mssql’,
‘persistent’ => false,
‘host’ => ‘Server’,
‘login’ => ‘user’,
‘password’ => ‘password’,
‘database’ => ‘DBName’,
‘prefix’ => ”,
);

var $test = array(
‘driver’ => ‘mssql’,
‘persistent’ => false,
‘host’ => ‘localhost’,
‘login’ => ‘user’,
‘password’ => ‘password’,
‘database’ => ‘test_database_name’,
‘prefix’ => ”,
);
}

以上で設定は完了です。
SQL Server 2005は日本語版でも使用することはできます。

PHP,Linux,Apache,Windos,SQL Server,CakePHPでのWebシステム開発はシステムインテグレートまで
ご連絡下さい。
http://www.system-integrate.com

iPhoneアプリ開発、iPadアプリ開発はシステムインテグレートまでご相談下さい
http://www.system-integrate.com